トップページ
病院概要
院長挨拶
院内紹介
脳ドック
ケガの豆知識
求人情報
診療時間
アクセス

脳ドックのすすめ

 皆さん、急速に高齢化社会へと進む日本では、健康に長生きする・幸せに老いるということは大きな関心事です。
しかし中高年の人を突然襲う脳卒中は、手足のマヒや言語障害などの後遺症を残すことが多く、中高年の人のその後の社会活動の大きな妨げになります。従って、脳卒中の治療と予防は医学的にも社会的にも重要課題なのです。

 
この脳卒中の予防を主な目的としてMRI(核磁気共鳴診断装置)やMRA(MRIを用いた脳血管撮影)などの安全で痛みも全くない検査法を用いて脳や脳の血管を調べるのが「 脳ドック 」です。

 具体的には脳ドックは次のような脳の病気の早期発見に役立ちます。

  ・くも膜下出血…  脳の動脈の瘤が破れて起こり、その半数近く(生存して病院に運び込まれても約1/3)が死亡する恐ろしい病気です。
しかし、MRAで破裂前に瘤を発見し治療すれば、経過は極めて良好です。

  ・脳梗塞…  脳の動脈がつまったため、酸素不足で脳の一部が死んでしまう病気です。
無症候性(気づかないうちにおきていた)の脳梗塞が発見されれば、危険因子(高血圧・高脂血症・糖尿病・喫煙など)の有無を検討し、あればその危険因子を治療し、適切な生活指導を受けたり、抗血小板剤を服薬したりして、新たな脳梗塞の発生を防ぎます。
またこうした努力は脳梗塞が多発することによって生じる脳血管性痴呆を予防することにもなります。

  ・脳腫瘍…  早期に発見されると、頭を開くことなく治療が可能なことがあります。ですが、小さな脳腫瘍にのみ有効なので、早期発見が重要となります。

  ・認知症…  希望があれば、認知機能の検査の致します。

 なお、当院の脳ドックはMRI検査が中心となっている関係で下記の方は検査を受けることが出来ません。あらかじめご了承下さい。

 ・ 心臓ペースメーカーおよび体内金属のある方
 ・ 閉所恐怖症の方  ・ 妊婦、または妊娠されている可能性のある方
 ・ 刺青(タトゥー・アートメイクを含む)をされている方


コースの料金および検査内容の説明はこちらをクリック